TOP > センター概要 > 沿革
福岡県工業技術センター
沿革
年 月
大正14年 4月 福岡県福岡工業試験部、久留米工業試験部および福島工業試験部の発足
昭和 2年 4月 試験部を試験場に改称
昭和13年 8月 福岡県金属工業試験場を設立
昭和23年 8月 久留米工業試験場を国へ移管
昭和29年 6月 福岡県直方鉱業試験場を設立
昭和29年11月 福岡工業試験場久留米分場を設置
昭和32年 3月 福島工業試験場大川分場を設置
昭和53年 5月 福岡工業試験場に久留米分場を統合
昭和56年 6月 金属工業試験場と直方鉱業試験場を統合し、北九州工業試験場を設立
昭和57年 4月 福岡県大川工業試験場を設立
平成 2年 4月 4試験場を統合し、4研究所体制の福岡県工業技術センターを設立
(化学繊維研究所, 材料開発研究所, インテリア研究所, 機械電子研究所)
平成 7年 4月 材料開発研究所を廃庁し、福岡県工業技術センター生物食品研究所を設立