ねじ込み式管端防食継手の耐食性に関する研究

Corrosion Protective Effect of the Screw-Type Fitting Covered by Plastic Coating


機械電子研究所  松本 研三 末松 影明 土山 明美
 倉田 奈津子 緒方 道子 古賀 弘毅
古野 信行


 水道用の配管システムでは,近年とくに赤水防止対策として,これまでの溶融亜鉛めっき鋼管に代わり樹脂ライニング鋼管が樹脂コ−ティング継手とともに使用されるようになってきた。 しかしながら,管の切断端部やねじ奥部のシ−ル不備などで鉄露出部に短期間に赤錆を発生し,腐食が進行するケ−スが多く見られた。 これらの問題を解決し,施工のバラツキを吸収できる管端防食継手(以下,防食継手という)が開発試作されてきており,今後は配管系統に防食継手を使用して赤水防止対策とするケ−スが増加するはずである。 今回の調査研究では,(任)鉄管継手協会からの調査委託により,協会会員企業が製作した水道用ねじ込み式管端防食継手の耐食性試験及び評価を行い,これまで殆ど存在していなかった防食継手の信頼性に関する確認データを得ることができた。



詳細はPDFファイルをご覧下さい。

PDFファイル(875kB)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。


目次へ戻る