熱流体可視化システム
熱流体可視化システムは、カメラを用いた画像計測により、機械装置の周囲や内部の流体の速度や密度の空間分布および固体の表面温度分布を可視化する装置です。CAE(コンピューターシミュレーションを援用した設計)の妥当性を迅速かつ高精度に検証することができ、製品開発プロセスの高度化、高効率化に貢献します。
メーカー (1)粒子画像流れ計測部 : Lavision GMBH社
(2)熱画像温度計測部  : (株)チノー
(3)高速度撮影部     : (株)フォトロン
型式 (1)粒子画像流れ計測部 : Davis10
(2)熱画像温度計測部  : CPA-T630SC
(3)高速度撮影部     : FASTCAM Nova S6
主な仕様 (1)粒子画像流れ計測部 : Davis10
 ・光源1:ダブルパルスレーザ(出力145mJ/パルス)
 ・カメラ1:PIVカメラ(解像度1608×1208画素)
 ・光源2:CWレーザ(出力3W)
 ・カメラ2:高速度カメラ(解像度1024×1024画素)
 ・粒子発生装置:ラスキンノズル方式、ヘリウムソープバブル方式
(2)熱画像温度計測部 : CPA-T630SC
 ・解像度:640×480画素
 ・測定温度範囲:-40〜2000℃
 ・フレームレート:30Hz
(3)高速度撮影部 : FASTCAM Nova S6
 ・解像度:最大1024×1024画素
 ・フレームレート:6400枚/秒(1024×1024画素)
導入年度 2019年度
設置場所 機械電子研究所
問い合わせ先 機械電子研究所 機械技術課 熱エネルギーチーム
料金 (1)粒子画像流れ計測部:3220円/時間
(2)熱画像温度計測部 :190円/時間
(3)高速度撮影部    :580円/時間
その他 この設備は(公財)JKAの助成を受けて導入されました。
使用にあたっては、事前に担当職員と調整して下さい。
粒子画像流れ計測部

(1)粒子画像流れ計測部 : Davis10

熱画像温度計測部
(2)熱画像温度計測部 : CPA-T630SC

高速度撮影部
(3)高速度撮影部 : FASTCAM Nova S6